サプリメントとは

サプリメントとは、栄養補助食品の事をいいます。日常生活で不足しやすい成分の補給を目的とし、補うために利用されます。
錠剤やカプセル型、粉末など医療に用いられる薬と似たような形状をしていますが、サプリメントは薬ではありません。
分類上食品にあたり、薬事法などにより、効果効能を謳う事は法律上禁止されています。
元はアメリカで生まれたもので、健康を指導する元でサプリメントの研究が始まりました。日本より高額な医療費のかかるアメリカではサプリメントによって健康を保とうという意識が強いためです。

サプリメントの飲み方

サプリメントは薬ではないので即効性を期待してはいけません。
習慣的に摂取する事によって効果を期待するものです。そのため最低限三ヶ月は続けなくれは意味が無いとされています。
また水と一緒に摂取し、六歳以下の子供が飲む事はおすすめできません。
妊娠中、医師による処方箋を受けている人はサプリメントを飲む場合は成分の相談が必要です。
サプリメントの種類によってはハーブや漢方などを利用したものがあり、薬の効果を半減させるものがあるからです。